松本人志vs.「文春」裁判の鍵を握る「もう一人の同席者」たち 記事に「書かれていないこと」は何なのか
2024/01/18

「週刊文春」と松本人志の戦いが法廷での審理になる可能性が高いため、テレビは中立の態度を示そうとしている。初めは文春報道に対して信頼があったが、ネット上では報道に疑問を持つ声もある。有名編集者の箕輪氏もマスコミの印象操作を批判している。松本が批判していたのは切り取りなどの手法で、週刊文春のファクトも彼らのストーリーに基づいて選ばれたものだという。被害者の証言だけでなく、「参加者の一人」という証言も重要で、その信ぴょう性が裁判で明らかにされれば松本側に不利になる可能性がある。また、記事で書かれていない情報にも注意を向ける必要がある。裁判では双方が記事に書かれていないことを主張するだろうし、同席者の証言も注目されることになる。

AD
記事
画像集
速報