職場を辞めていった女性が残した解読不能の手紙…手紙に隠された事実が話題に
2024/03/03

広告

ある女性が職場を辞める際に、解読不能な手紙を残していました。この手紙は、一見すると日本語でも韓国語でもない文字で書かれており、解読が不可能だったそうです。Twitterユーザーのゆーななぎ(@yuunagi1999)さんがこの手紙を紹介し、解読できる人を探すために投稿しました。そしてついに、この文字の正体が明らかになりました。実は、この文字は『変体仮名』という、1900年(明治33年)以降の学校教育で用いられていないマイナーな表記方法だったのです。

手紙の内容は非常にネガティブで、女性は自分がどこに行っても愛されないと感じ、仕事場でもツイッターでもみんなから嫌われていくと述べています。彼女は苦しみ、悲しみ、愛されたいと願っており、自分が他人を愛していないからかもしれないとも考えています。最後には死にたいと述べ、逃げ場がないと感じています。

この手紙の内容は非常に心配であり、女性の身に何が起きたのか気になります。彼女が退職した今、少しゆっくり休んでメンタルを回復させてほしいと思います。このようなネガティブな感情を抱える人が周囲にいる場合、その人の心のケアやサポートが重要です。この手紙を通じて、私たちは他人の心の状態に気を配ることの大切さを再認識させられます。

広告

AD
記事
画像集