綾野剛の過去…六本木黒歴史が衝撃的内容だった…
2024/01/15

広告

ツイッター上でも「綾野剛怖い」という声が見られます。しかし、実際の綾野剛はイメージとは異なり、性格も含めてイケメンと言われています。高校時代には陸上競技に力を入れており、2003年には「仮面ライダー555」で怪人役を演じました。その後、連続テレビ小説「カーネーション」で知名度が上がり、コウノドリで初主演を果たしています。綾野剛は天然で優しい性格を持っており、バラエティ番組にも出演しています。彼の芸名は本名ではなく、病院で呼ばれるまで芸名に慣れていたことを知らなかったそうです。

ある時、バラエティ番組で女芸人から頭をポンポンしてほしいと言われた際に、痛くないようにと右手の指輪を付け替えて頭をトントンしてあげた姿が細やかな気配りの一例として紹介されました。一方で、綾野剛には「六本木黒歴史」と呼ばれる過去の問題もあります。彼は酔っ払って六本木の路上で立ち小便をしてしまいました。この事件では、芸能人であることを意識して顔を隠そうとしたものの、フライデーの記者には見抜かれてしまったようです。この事件は2chでも話題になりましたが、特にネガティブな影響はなかったようです。その後、彼の陰部のサイズに関する報道が出たため、彼についてのイメージが定着することとなりました。綾野剛は酔っ払うと別人になる可能性もあるようです。彼のパーソナリティは、悪役を演じる時とは異なる一面も持っているようです。

広告

AD
記事
画像集