IOCは緊急事態宣言下でも五輪?放映権料など賠償金発生に躊躇か?國民の意思は関係なし!
2024/01/15

IOCは、緊急事態宣言が発令されている状況下でも、オリンピックの開催を続ける意向を示しています。しかし、この決定により、放映権料やその他の賠償金が発生する可能性があります。しかも、国民の意見や意思は関係なく、IOCが最終的な判断を下すことになります。このような状況に対して、国内外からはさまざまな意見が寄せられています。いずれにしても、現在の状況では、オリンピックの開催が果たして適切かどうか、多くの人々が疑問視しています。

 

広告

AD
記事
画像集
速報