トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由!業界に見捨てられ8年経った現在とは!?
2024/03/03

トイレの神様でブレイクした植村花菜、ニューヨークで新たなスタート

植村花菜さんは、2013年に「トイレの神様」で一躍人気歌手となりました。その後、ニューヨークでジャズドラマーの清水勇博さんと結婚し、2015年には難産の末に男の子を出産しました。

しかし、植村花菜さんが芸能界から姿を消した理由は3つあります。まず、彼女の楽曲「トイレの神様」の尺が長く、それを短くすることに難色を示したため、和田アキ子さんが怒り、NHKが特別扱いしたことがありました。次に、所属事務所の社長との確執が原因で、2012年に退所しました。そして、トイレの神様に続くヒット曲がなかなか生まれなかったことも、彼女の消えた理由とされています。

現在、植村花菜さんは個人レーベル「Hanana Records」を立ち上げ、芸名を「Ka-Na(カナ)」と改めてニューヨークを拠点に活動しています。彼女は自身のブログでこの新たなスタートを発表しました。

トイレの神様で大ヒットを飛ばした植村花菜さんが、日本の芸能界を去り、新たな名前でニューヨークで活動する姿は、多くの人々に期待を抱かせています。彼女の今後の活躍に注目が集まっています。

AD
記事
画像集
速報