櫻井翔、ついに”ジャニー氏の問題”に涙ながら話した…「なぜタレントに言わせる?」「事務所が悪いだろ」
2024/01/15

広告

嵐の櫻井翔が、ジャニーズ事務所の元所属タレントが創業者のジャニー喜多川前社長から被害を受けたと訴えた問題について言及しました。彼は「4万人分の署名」が提出されたことを触れた後、この問題に関して自分の言葉でコメントしたいと述べました。彼は、「この問題には2つの側面がある」としました。「1つは、問題の責任が問われている事務所に所属しているということ。もう1つは、大きな意味では自分は被害者側に見られうる立場に置かれているということ」と説明しました。櫻井は、この2つの側面を踏まえるとコメントすることは難しいが、臆測によって人々が傷つくことがあると心境を吐露しました。彼は、ジャニーズ事務所がプライバシーを保護しながら問題の調査を行い、二度とこのような不祥事が起こらないような体制を整える必要があると訴えました。

彼は「あらゆる性的な被害は絶対に許されない」と厳しい表情で述べました。5月15日に放送された「news zero」では、櫻井はコメントをせず、有働由美子アナウンサーが被害者のケアを最優先に考え、プライバシーを守りながら情報をオープンにする責任を果たすべきだと伝えました。また、彼らは性的被害を絶対に許さない姿勢で向き合いたいと述べました。

広告

AD
記事
画像集