多岐川華子の元旦那は仁科克基!離婚理由や現在の状況を調査!
2024/01/15

広告

2023年8月、多岐川華子が再婚を発表しました。お相手は、3歳年下の一般男性です。二人は約3年前に共通の知人の紹介で出会い、2022年の秋に再会して交際に発展しました。彼女は「華子」という名前にちなんで、2023年8月に婚姻届けを提出しました。多岐川華子はバツイチで、今回の結婚は再婚です。元旦那は、仁科克基です。仁科克基は、俳優の松方弘樹と女優の仁科亜季子という超大物二世で、タレントや俳優として活躍しています。二人は2010年10月に婚約を発表し、2011年1月にグアムで挙式をしましたが、わずか1年3ヶ月後に別居報道があり、2012年10月にスピード離婚しました。

離婚の理由は性格の不一致だと発表されています。具体的な理由としては、仁科克基の金遣いが荒いことが挙げられます。彼の趣味の釣りのために毎週高額な釣り道具を買っていたようで、多岐川華子は困っていたそうです。また、仁科克基は金銭感覚が違っており、幼い頃から贅沢な生活を送ってきたため、性格の不一致が生じたのかもしれません。また、彼の女遊びも離婚の原因とされています。離婚後、仁科克基は2022年10月に再婚しました。再婚相手は歯科衛生士で女優・グラビアタレントの西原愛夏です。現在の仕事としては、YouTuberとして活動しており、2021年に自身の個人チャンネルを開設しました。また、俳優としても舞台やドラマに出演し、今後もさらなる活躍が期待されています。

広告

AD
記事
画像集