五木ひろしの妻和由布子の現在――余命宣告された難病と真実の国籍について言葉を失う
2024/02/27

広告

女優として輝かしいキャリアを築き上げた後、愛する人との結婚を機に芸能界を離れたかず裕子さん。彼女は現在、家庭生活に専念し、夫の支えとなっていますが、健康問題についての噂が一部で囁かれています。彼女の歩んできた道のりを振り返りながら、現在の生活に迫ってみましょう。

かず裕子さんは1982年に芸能界に足を踏み入れ、翌年にはNHKドラマ『波の塔』で注目を集めました。1988年、彼女は音楽プロデューサーの伊浩さんと結婚を発表し、芸能界を引退。伊浩さんが経営する伊月プロモーションで代表取締役を務めることになりました。かず裕子さんの出自については、裕福な家庭で育ったとの噂があり、彼女の結婚披露宴は当時の芸能界で最高額とされる5億円を費やした豪華なものでした。

二人の間には3人の子供がおり、長男の松山大輔さんは音楽業界で、次男の松山かさんは画家として、そして三女の松山金子さんは一般人としてそれぞれの道を歩んでいます。特に次男のかさんは留学経験もあり、芸術家としての才能を磨いているようです。

しかし、かず裕子さんの健康に関する噂が浮上しており、ファンの間で心配の声が上がっています。具体的な病名は公表されていないものの、かず裕子さん自身は元気であり、夫と子供たちとの時間を大切にしているとのこと。家族の絆が彼女の支えとなっているようです。

広告

AD
記事
画像集