【衝撃の告白】宮城野親方の白鵬時代を熟知する人物が明かす驚愕の真実…元横綱の闇との深刻な関与…隠蔽された横領事件の衝撃的な全容におびえる…
2024/02/27

広告

横綱白方が引退後、宮城の親方として新たな人生を歩み始めましたが、その後の展開は複雑なものとなりました。タレント藤田のり子さんがテレビ番組「バイキング」で、横綱白方の行動に疑問を呈し、その言動が暴行問題に関連して問題視されていることを明かしました。宮城の親方は、部屋の力士による暴行事件を把握しながら報告を怠り、相撲協会の調査にも妨害したとされ、結果として2階級の降格処分を受けました。

横綱白方は、その卓越した成績で知られ、歴代最多の幕内優勝回数を誇るなど、相撲界における偉大な足跡を残しています。しかし、引退後の彼の周辺では、近藤正弘というマネージャーの失踪や借金疑惑など、マスコミに取り上げられるようなトラブルも発生しています。近藤正弘は、白方の資金を持ち逃げしたとも言われ、相撲と野球賭博にも名前が挙がっていた人物です。

宮城の親方は、相撲大会「白法杯」を創設するなど、相撲の普及活動にも力を入れていましたが、今回の一連の騒動によってその立場にも影響が及んでいます。彼の処分は1年以上続く可能性があり、師匠としての資格を問われる事態にもなっています。このような状況は、相撲界全体にとっても大きな問題となっており、今後の収束が注目されています。

近藤正弘による借金疑惑についても、その背景には複雑な事情があるようです。彼は巨額の借金をしていたとされ、その資金の行方についても謎が多いです。このように、宮城の親方を取り巻く状況は、相撲界のみならず、一般社会にも大きな影響を与えており、これらの問題がどのように解決されるのか、多くの人々の関心事となっています。

広告

AD
記事
画像集