「若い人はそりゃ知らないよね」 電車内の『若者の一言』に「懐かしすぎる」「衝撃を受けた」
2023/08/16

日常生活は時代の変化とともにさまざまな変化を遂げており、新たに生まれたものもあれば姿を消したものも存在する。最近、延藤勝実さんが北総9100形電車で「親切だなあ」といった若者たちの会話に出くわした。会話の内容は実は荷物置き場と思われていた場所がかつて公衆電話のコーナーだったことに関するもので、携帯電話の普及による公衆電話の減少に伴いこの場所は謎のスペースとなったのである。若者たちはその背景を知らずにいるが、公衆電話世代にとっては懐かしさを感じるエピソードであったという。日常生活の中で不思議な光景に出くわした場合、その背景を調べて新たな発見を得ることができるかもしれない。

広告

AD
記事
画像集
速報