廃業の危機だった喫茶店のオーナー 『紙ナプキンの裏』の絵に気付いて?
2023/07/07

広告

東京都台東区の上野アメ横商店街にある珈琲王城の3代目オーナーが、店のTwitterアカウントに心の支えとなった出来事を投稿しました。新型コロナウイルスの影響で売り上げが低迷し、廃業の危機に直面していたオーナーですが、ある日チョコレートパフェを注文した客が、メッセージを残して去りました。そのメッセージに励まされたオーナーは、頑張る力を得て現在も営業を続けています。このエピソードは多くの共感を呼び、コメントが寄せられています。このような温かな言葉は、伝えることの大切さを示し、相手の心の支えになることがわかります。

広告

AD
記事