宮城野親方が師匠失格でも宮城野部屋を維持する秘密…相撲協会による“契約書”の驚くべき内容とは?
2024/02/28

広告

宮城の親方として知られる元横綱・白法は、大相撲界において伝説的な存在と言えます。モンゴル出身の彼は、圧倒的な実力で数々の記録を塗り替え、最強の横綱と称されるまでに至りました。特に、その身長192.2cmの体から繰り出される力強い相撲は、多くの相撲ファンを魅了しました。

白法の私生活では、2007年に和田ささんと結婚し、4人の子供に恵まれています。家族と共に穏やかな日々を送る一方で、長男のマハさんは既に相撲取りを志しており、「白方杯」という少年相撲大会に参加するなど、父親の影響を受けて成長しています。

しかし、白法が横綱から親方に転じる道は、国籍の問題や相撲協会の規定により、困難を極めています。モンゴル国籍を持つ彼が日本で親方として活動するためには、日本への帰化が必要とされていますが、現状ではその選択も簡単ではありません。

加えて、白法が率いる宮城部屋は、暴力問題や口止め工作が発覚し、親方自身が2階級降格の処分を受けるなど、解散の危機に瀕していました。この問題は相撲界全体に衝撃を与え、宮城部屋の将来も不透明な状態に陥っています。現在は伊勢ヶ浜一問が部屋を預かることになり、宮城部屋の伝統を継続するための努力が続けられています。

白法のような伝説的な力士が直面するこれらの課題は、大相撲界のシステムや規定に再考を促す契機ともなっています。彼の功績とともに、これからの大相撲界における彼の影響は、まだまだ注目されていくことでしょう。

広告

AD
記事
画像集