欽ちゃんの嫁が4年間闘病生活を送り、別れの瞬間に涙がとまらない… 芸人の難病と壮絶な生い立ちに言葉を失う
2024/01/19

広告

コント55号の一員である萩本金一さんは、東京稲荷町の長屋で生まれ、幼少期を過ごしました。お父さんは戦後カメラの仕事で成功し、家庭は裕福でしたが、お母さんの愛人がいたこともあり、夏休みにはおばちゃんの家に遊びに行くことがありました。高校卒業後、劇団に入り、コメディアンとしてのキャリアをスタートさせました。

家族の事業失敗により貧困生活を経験し、10年で母親に幸せな生活を提供することを目標に掲げました。彼は野球選手か芸能人になることを考え、高校卒業後に東洋劇場の研究生としてコメディアンの卵となり、劇団浅草新劇を経てコント55号を結成しました。テレビ番組での活躍や視聴率100%男として知名度を上げました。

結婚には苦労しましたが、踊り子のすみ子さんとの結婚が実現しました。しかし、すみ子さんは結婚後に浅草から姿を消し、彼女を追いかける姿勢が続きました。2020年8月28日にはすみ子さんが亡くなりましたが、葬儀での顔合わせは避け、心の中で彼女を生き続けさせています。

現在はYouTubeチャンネル「金ちゃん80歳の挑戦」を通じて、挑戦やエピソードを配信し、視聴者から支持を受けています。最近は一時的な体調不良も克服し、活発に配信を続けています。

広告

AD
記事
画像集