AT車で絶対にしてはならない7つのこと…あまり知られていないと話題に
2024/03/03

AT車を運転する際に絶対にしてはいけない7つのことについて紹介します。

1.車が完全に停止するまで「D」から「R」へのシフトチェンジをしてはならない。急いでいたり慌てていたりすると、車が完全に停止する前にシフトレバーを動かしてしまうことがあります。これはトランスミッションや主要部品を破損させる恐れがある危険な行為です。

2.車が完全に停止するまで「P」へのシフトチェンジをしてはならない。車が動いている状態で「P」にシフト変更する行動はトランスミッションを大きく痛める可能性があります。

3.一時停止中にシフトレバーを「N」に入れてはいけない。車のシフトが「N」に入った状態でいると、車が操作を受け付けなくなり、非常時に急な操作をしなくてはならない場合に対応が遅れる恐れがあります。

4.下り坂でシフトレバーを「N」にしてはいけない。下り坂でシフトレバーを「N」に入れると、緊急時に車をコントロールすることができなくなる危険性があります。

5.急発進をしてはいけない。急発進はトランスミッションのバンドやクラッチを損傷させる可能性があります。

6.ガソリンの残量が少ない状態を避ける。ガソリンが少なくなっている状態での運転は危険であり、様々なパーツが摩耗しやすくなります。

7.トランスミッションを濡らしてはいけない。水がトランスミッションに入ると、トランスミッションの交換が必要になる可能性があります。

これらの行為は誰しもが行いがちなことですが、正しい操作で安全運転に努めることが重要です。

AD
記事
画像集
速報