【衝撃】陸奥部屋が消滅する…元横綱の裏切りに驚き…暴力事件が隠蔽されていた…北青鵬事件によって揺れる角界に恐怖が広がる…
2024/03/02

大相撲界において、道の部屋の閉鎖が決定し、相撲界内外に衝撃を与えています。道の親方が定年を迎えるにあたり、後継者不在のため部屋は消滅する運命にあります。道の親方はこれまで多くの力士を育て上げ、相撲界に大きな貢献をしてきましたが、後継者問題によりその歴史に幕を閉じることになりました。

大阪府堺市で行われた時津風一門の合同稽古を最後に、道の部屋はその活動を終了します。道の親方のもとで研鑽を積んできた力士たちの今後は未定であり、彼らの移籍先や今後のキャリアに関心が集まっています。

特に大関霧島の移籍先は大きな話題となっており、彼の去就には多くの憶測が飛び交っています。道の部屋には現在3人の部屋つき親方がおり、それぞれが異なる立場を取っているため、結論が出ていない状況です。部屋の存続には、道の親方が保有する年寄り株の譲渡や交換が必要ですが、解決には至っていません。

部屋内では過去に暴力事件が発覚するなど、トラブルもありました。道の親方はこれらの問題に対処し、相撲協会内での地位も辞任するなど、責任を感じている様子です。しかし、被害者や関係者の間ではまだ和解には至っていないようです。

道の部屋の閉鎖に対する相撲ファンからは、様々な反応が寄せられています。多くのファンが部屋の歴史や伝統に対する敬意を表し、力士たちの将来に対する応援の声を送っています。部屋の閉鎖は相撲界にとって大きな損失ですが、道の親方や力士たちの新たな挑戦に期待が集まっています。

広告

AD
記事
画像集
速報