世界に実在したとても珍しい病気5選…奇病を患った人たちの驚きの人生が話題に
2024/03/03

広告

19世紀に実在した珍しい病気を紹介します。

1.毛虫人間 ランディアン王子は極めて稀なテトラアメリカ症候群という先天性障害を患っており、生まれつき両手両足がありませんでした。彼は畸形芸人としてアメリカで絶大な人気を博し、興行主P.T.バーナムの目に留まり、アメリカに輸出されました。彼は見世物興行で口でタバコを操り、マッチに火をつけるたばこ芸を披露し、さらに多言語を話すなどの才能を持っていました。

2.4本脚の少女 マートルは腰から下があるだけの双子の妹の脚を持っており、見世物芸人として活躍しました。彼女は4本の脚に同じソックスと靴を履かせて大人気となり、売れっ子芸人として週450ドル以上を稼ぎました。後に結婚し、8人の子供をもうけて60歳で亡くなりました。

3.エレファントマン ジョゼフ・ケアリー・メリックは身体の極度な変形を患っており、見世物興行の世界でエレファント・マンとして活躍しました。彼の存在は上流階級の人々の関心を惹き、多くの人が彼に会いに訪れました。28歳の時に医師の病院で亡くなりました。

4.ガイコツ人間 アイザック・スプレーグは12歳の時から体重が減少し、サーカスで生きたガイコツとして働くようになりました。

広告

彼は結婚し、3人の健康な子供をもうけましたが、病気が原因でサーカス以外で働くことができませんでした。44歳の時には身長167.6cmで体重は19.5kgしかなく、46歳で亡くなりました。

5.2つの顔を持つ男 エドワード・モードレイクは後頭部にもう一つの顔を持っており、その顔は暗く歪んだ表情をしていました。彼は美しく魅力的でありながらもう一つの顔は恐ろしい囁きをし、彼はその苦しみから23歳で自ら命を絶ちました。

広告

AD
記事
画像集